【総括】「第3回 大阪を変える100人会議オープンフォーラム」at大阪ガス(本社)ビル


【参加者】
経済人・行政・NPO・中間支援団体・地域活動団体・ソーシャルビジネス関係者など240名

【振り返り】     
第一部では、同会議から過去1年間で生まれたコラボレーション・プロジェクト3事業の状況報告を聞き、4名のパネリストからのコメントを会場参加者で共有し、第二部では240名全参加者が15の分科会に分かれて様々な社会課題について話し合う、という流れでした。(分科会は二部入れ替え制で、2テーマに参加可能)

第一部で報告された「100人会議コラボ事業」は、

・ココファンドリッププロジェクト ~通信制高校の高校生に機会を~
通信制高校生のキャリア支援NPO法人であるD×Pと、ココナッツ製品のフェアトレード事業を通じてフィリピンの貧困問題に取り組む(株)ココウェルとによる、通信制高校生のフィリピンスタディツアー事業
www.cocowell.co.jp/fs/cocowell/c/cocofund

・都島区とネパールの若者WEB交流事業
ネパールのケアハウス支援を中心とするNGOであるSPEC Japanと、大阪市都島区とによる、ICTを用いた中学生同士の交流事業
www.city.osaka.lg.jp/miyakojima/page/0000260132.html

・大阪名物ブランデイング分科会 
複数のコンサルティング企業やシンクタンクNPOらによる、大阪の地域文化発信事業
www.facebook.com/naniwameibutsu/timeline

パネリスト
谷川友彦 大阪市役所市民局 局長
竹井善昭 (株)Social Planning 代表取締役
橘 俊夫  (一財)レオ財団 理事長 東邦レオ(株)代表取締役社長 
辻 由起子 茨木市市政顧問 大阪府知事認定子ども家庭サポーター 虐待防止アドバイザー

参加者の皆さんには、第一部で「100人会議」の意味をよりリアルに体感していただき、第二部の分科会へ向けてよりモチベーションアップにて取り組んでいただけたと思います。

第二部 【分科会の成果】 ※サポーター記録などによる

1.「理想のセーフティネットについて」
Homedoor 川口加奈  あっとすくーる 渡 剛 D×P 今井紀明
〔コーディネーター〕トイボックス 白井智子     
〔分科会サポーター:上田和希〕
⇒このグループでは今後、継続的に政策提言の勉強会を開催していく。今度、元国会議員さんを招いて政策の実現への持っていき方等の勉強会を東京でしよう!という話になりましたby川口加奈

2.中学・高校・大学生の三世代が
「自らの意志で未来を描き、 学び続ける、意欲的な若者を増やしていきたい!」
Triangle Summer School 代表 徐 亜斗香(高校生)         
〔分科会サポーター:遠藤 洋〕
⇒世代を超えた支援の輪:保護者・支援者としての参加、運営システムやビジョンのブラッシュアップのアドバイス、デザインの支援(大学生)、広報媒体の支援(大学生)

3.「夫婦のパートナーシップと子どもの教育 ~どんなかかわり方があるの?~」
NPO法人 ファザーリング・ジャパン関西 事務局長 篠田 厚志
NPO法人 箕面こどもの森学園 校長 藤田 美保     
〔分科会サポーター:阿波雅士〕
⇒テーマ性から多様な意見が話し合われ、人知交流が活発な分科会でした。

4.「大阪をソーシャル・デザインの街に~社会起業家とのより良い協働に向けて
企業の役割を、大阪ガスをネタに考えてみましょう」
大阪ガス(株)近畿圏部 社会貢献推進室長 江本雅朗
大阪ガス(株)CSR 環境部 CSR 室長 原 寛之           
〔分科会サポーター:原田充啓〕
⇒社会の構造変化において、都市の経営課題について議論通じ人的交流
⇒参加者から、大阪ガスのクッキング教室にての連携が話し合われた。

5.「ユニバーサルデザインが生み出す4000万人市場〜明日から取組めるハートの取組み〜」
(株)ミライロ 岸田奈美・岸田ひろ実
〔分科会サポーター:〕
⇒銀行勤務の方、人材研修・派遣の方とは直接ミライロの事業で協力しあえることが多いので、後日面談になりました。具体的なコラボレーションについてはこれから話していく。

6.「教育×IT」のこれからのロールモデルを考える
SPEC Japan 代表 吉川雄介                
〔分科会サポーター:高井啓大郎〕
⇒都島区長さんもまじえて、引き続き勉強会につなげていく流れができた。

7.「農を様々な暮らしの中へ」
庭暮らし研究所 畑 明宏(少し前まで、積水ハウス本社設計部 課長)
NPO法人 おもしろ農業 理事長 片桐新之介         
〔分科会サポーター:森田大輔〕
⇒SPECや箕面こどもの森学園などと畑さん「こども×農」でコラボ
⇒参加者どうしでもコラボの話が出ていた。

8. 生活習慣病の無い社会をデザインする「Creating Shared Healthプロジェクト」
(株)NOBORDER 代表取締役 桐村一平
〔分科会サポーター:小川寛子〕
⇒オーガニック野菜販売者・健康保険組合・ITコンサルタント・エステ・スポーツジム関係者との交流や(医療アドバイスなど)連携が話し合われた。

9.「コラボで広報~協働という新しい情報発信について考える~」  
(株)PRリンク 代表取締役 神崎 英徳  
〔分科会サポーター:竹島由美子〕
⇒鶴見区榎本地活協と防災コラボetc.
⇒お互いを知り、コラボしたい相手との名刺交換

⒑「身近に捉える人権問題〜人の尊厳とは?自分自身への尊厳とは?〜」
いきいきつながる会 理事長 石川知己
〔分科会サポーター:小野千佐子〕
⇒「元気サポートセンター」「周話」とのコラボ

11.「繋がること、繋がっていくこと」
(株)グランディーユ、代表取締役 小笠原 恭子
※知的精神障害者、ひきこもり層の経済的自立を目指すカフェ運営
〔分科会サポーター:三上雄輔〕
⇒分科会での出会いから参加者がカフェ・ド・イリゼに来店し、今後コラボにつながる予定
⇒分科会参加者同士もつながる(公認会計士→NPOの会計支援など) 

12.「次世代を担う若者に対するアクション」について学生たちと考える
学生団体スカイピア 代表 棚原匠平(大学生)
〔分科会サポーター:圓山侑蔵〕
⇒分科会参加者で(学生に対する)共通認識生まれる。学生と企業の接点をつくり、さまざまな生き方を知る機会を両者が協力して創っていくべきだとわかった。

13.「教育×三次元ネットワーク」~コミュニティが生み出す教育問題解決~
HappyFamilyCompany~あっとほーむサロン輪話和羽HOME~代表 松尾有加
〔分科会サポーター:岡田 裕〕
⇒主催団体のワークショップにて、新たな人々の巻き込み

14.「地域を育むこころ」
NPO法人 すみのえ育 原 大雅 伊達美寿保
※住之江区の地域ラウンドテーブルから生まれたNPO団体
〔分科会サポーター:泉田優子〕
⇒発足したばかりの地域から生まれ出たNPOに、榎本地活協の木村さんや
 大阪ガスの山納さんたちから、たくさんのアドバイスいただけた模様

15.「大阪名物をブランディンクする」※1年前このフォーラムで生まれた分科会
木林威夫 WITHPROJECTS株式会社 代表取締役
野杁育郎 なにわ名物開発研究会 会長
中川 悠 NPO法人チュラキューブ 代表理事
〔分科会サポーター:遠藤 祥〕
⇒日本伝統芸能振興会・コリアンタウン・観光局など、新たなネットワークが広がった。
 これから活動を可視化していくため、頑張っていくとのこと。

※すべての分科会団体紹介などは→こちらから osaka100kaigi.com/?p=1702  

分科会の半数近くが、それ自体が(複数主催団体の)コラボ企画であったのに加え、知見の交流・新たな出会い・アドバイスの提示・いくつもの協働のきっかけ・主催団体の新ステークホルダー獲得など、今回も大阪のど真ん中ガスビルを起点に、蜘蛛の巣状に、社会的事業活動が縦横無尽に有機的なつながりを魅せていったようです。
これだけ多くの人々が一堂に会し、様々な社会課題に対しひざを交えて議論し、新たなアクションを起こすべくお互いの経験やスキル、アイディアを持ち寄る場は「100人会議」ならではで、(参加された)全国を回っておられる方から「東京にもどこにも、100人会議みたいなすごい集まりはない!うらやましい」「大阪から日本が元気になりそうな予感」などの嬉しいお言葉もいただきました。
第三部のソーシャル大交流会や、その後の打ち上げ懇親会も遅くまで盛り上がり、その中で特筆すべきは、沖縄からも3名の方がわざわざ来阪され「沖縄でも100人会議立ち上げたい!」と、熱心にノウハウをヒアリングされていました。
そして受付横に設置させていただいた100人会議への運営協賛金BOXには、驚くほどのご協力も受け賜わり、参加した皆さんの心に“共感の輪”が確実に広がった1つの結果だと運営スタッフ一同、感謝と同時に「やって来てよかった!」と感動の念に堪えません。

フォーラム実行委員会:
中川悠・堀久仁子・桐村一平・木林威夫・施治安・なかたにみさこ・高島淳・松尾有加

第1期 100人会議世話人:
 山中昌幸・高井啓大郎・岡本祥公子・森田大輔・片桐新之介

2014年09月05日(金)

イベント・フォーラム

応援企業

  • 大阪ガス
Copyright(c) osakawokaeru100ninkaigi. All Rights Reserved. Ver.4.8