りそなグループのコラボレーションプロジェクトREENAL&100人会議スペシャル・ラウンドテーブル

「住民主導のまちづくり」の仕組みづくりをサポートしている りそな総合研究所の
藤原 明さんをお招きし、活動の中で明確になった「7つの地域のやるべきこと」についてプレゼンいただき、それら7つのテーマごとに100人会議&REENAL有機的ネットワーク(企業やクリエーター)まちづくり活動&NPOの参加の皆さま合同によるグループワークショップを通じて、参加者の強み曼荼羅図(マトリックス)を基に、その組み合わせによる事業メニュー化を目指します。

「7つの地域のやるべきこと」とは
①高齢者買物支援
②世代を超えた地域ぐるみのあいさつ運動
③○○がわかるマップづくり
④地域資源の認知度アップ
⑤地域・世代を超えたまちの美化
⑥地域を軸にしたコミュニティ・カフェ
⑦地域を軸にしたコミュニティ・メディア

日時:2月26日(水) 18:30~受付 19:00スタート(終了21:30ぐらい)
場所:りそな銀行大阪本社ビル 地下レセプションホール
   大阪市中央区備後町二丁目2番1号 りそな本店ビル地階
www2.rri.co.jp/company/access.html 
定員:150名   
参加費:無料
共催:りそな総合研究所 株式会社
   「大阪を変える100人」会議
お申込み:http://kokucheese.com/event/index/144421/ 
お問い合わせ:大阪市中央区難波千日前11-20 遊企画企画ビル内 06-6631-6614
100人会議事務局 施(せ)※当日の連絡先 090-5656-7177  

藤原 明 プロフィール りそな総合研究所
大阪市生まれ。大阪市立大学商学部卒業。2003年10月にりそな銀行大阪営業推進部プランニングマネージャーに就任。現在、法人ソリューション営業部アドバイザーとりそな総合研究所アドバイザーを兼任している。FM802や大阪府をはじめとする多様な企業連携・産学連携(地域)連携・官民連携によるREENAL(リーナル)プロジェクトを展開。企業や地域における活性化への取り組みは400を超え、各所で大きな反響を呼んでいる。

注:)REENALとは、りそな銀行の「RESONA」と、地域をあらわす「REGIONAL」とを組合わせた造語です。銀行の「取引基盤」と、プロジェクトを通じて構築したアーティストやクリエイターとの「有機的なネットワーク」を活用しながら、企業や地域とのコラボレーション企画を展開。そして、企業や地域のポテンシャル(潜在力)を引き出し、最終的に新しいマーケットを創造することを目的としたプロジェクトです。

2014年02月25日(火)

イベント・フォーラム

応援企業

  • 大阪ガス
Copyright(c) osakawokaeru100ninkaigi. All Rights Reserved. Ver.4.8