11/6 第4回ラウンドテーブル(振り返り)

11/6 第4回ラウンドテーブルはFACTO(阿波座)にて参加約50名弱
Face to faceな「ひととなり」を知る交流がテーマでしたが、それでもソーシャルな人間交差点では、あらたな出会いとともに大阪を良くるための協働がたくさん生まれました。

第一部では6名のプレゼンテーターたちに活動のきっかけを中心にお話願いそこを起点に6つのラウンドテーブルでは活発な話し合いがもたらされました。

全体を通じて、組織内外の活動バランスのテーマ性に関心がシェアされつつ、次の一手が議論されたと感じています。

18:30 受付 
18:45 スタート:司会挨拶・当日の流れ・お知らせなど
19:00 プレゼン・タイム(6名×動機など中心に3分&司会からQ&A)
19:30~「ヒーローインタビュー」グループワーク (6つのラウンドテーブル)     
20:30~ フリーコラボレーションタイム 
21:00 終了  
※二次会(有志のみ)    

=== 当日プレゼンター紹介 ===

☆濱松 誠  One Panasonic

「学びと交流」をテーマに、様々な交流を通じ、パナソニック社員のモチベーション向上を目的に活動している約1400名の有志の集まり。
2012年3月の設立以来、自主的な活動だが経営幹部からも理解を得ており、津賀社長をはじめ、多くの幹部も参加。全体交流会には大阪を中心に約150名の社員が集まる。大阪を基点に全国各地で活動しており、7月には東京で「One Panasonic xTokyo」、9月には福岡で「One Panasonic x Fukuoka」を 開催。社外との交流も積極的に行なっており、9月には名古屋で「One Panasonic x TOYOTA」を開催。 www.facebook.com/OnePanasonic

☆藤田 美保 NPO法人箕面こどもの森学園 校長

「子どもたちには自立して生きる力を育んでほしい」
「自分も人も大切する民主的な生き方を身につけてほしい」
箕面こどもの森学園は、子ども一人ひとりの個性を尊重し、共生的で民主的な生き方を育むNPO法人立の小学校(オルタナティブスクール)です。子どもの興味・関心を学習の中心に置き、子ども自身の生活から学習を組み立てるというフレネ教育やイエナプランの考えと方法を取り入れ、子どもの主体性・自律性を育む教育を行っています。
小学校の運営のほかに、夏休みの親子教室「夏の学校」、教育についていろんな角度から語り合う「教育カフェ・マラソン」、大人の対話文化の構築をめざす「哲学キャンプ」、
地域のお店や団体の方と実施するお祭り「ロハスinこどもの森」、市民共同出資型の発電所「こどもの森・太陽光発電所」の運営を行っています。

☆田中冬一郎 輪音プロジェクト 代表

輪音プロジェクトは2007年から全ての人が自身の表現力を『発見し』それぞれに『獲得していく』お手伝いをする為、大阪及び関西圏を中心に日常避難所、住み開き『511』の運営、関西各地の創造拠点を巡るクリエイティブツアー『伝書鳩』表現者達のプレイヤー間表彰『クリエイティブアウォード関西』の実施、そして社会的弱者に対する文化芸術教育を提供する『ぐたい大学』の主に4つのプログラムを提供しているアートNPO団体です。
他に関連事業として就業支援サービス、ジョブツーリズム『就業旅行』そして昔からの遊びを実際に経験し、評価していく『レトロゲーム評議会』も実施しています。

☆及部 一堯  World friends 代表(NTT西日本勤務)

World Friendsでは、世界中に友達をつくろう!をコンセプトに言語学習、伝統文化学習、海外での伝統文化交流を行う活動をしています。また私自身は、感謝することの大切さ、社会人でもなんでもできるということを伝えたいということをコンセプトに、お琴、三味線、着付け、篠笛、龍笛、シンガーソングライター、パフォーマンス、手品等を学び世界中の人との交流に活用させていただいております。日本ミャンマー伝統文化交流会出演、日本カンボジア芸術文化祭2013出演、全日本きもの装いコンテスト世界大会2013出場

坂入 美穂 (さかいり みほ) 株式会社SYNCLOBAL(シンクローバル)代表取締役
SYNCLOBALとは、SYNCHRONIZATIONとGLOBALを掛け合わせた造語です。

大阪府下、兵庫県で現在16棟、パートナーシップを組んで、シェアハウスを運営しています。Cocoon という女性専用シェアハウスで、述べ120人が生活しています。場所は、梅田2棟、新大阪7棟、ほかになんば、肥後橋、野田、三国、塚本、阪大前、西宮北口です。
日本人のみでなく積極的に外国人を受け入れています。現在、アメリカ人、イギリス人、ドイツ人、韓国人、台湾人など様々な国籍の入居者がいます。
代表者坂入美穂のNew Yorkでの7年の海外経験が原点となっています。
シェアハウスでの生活が、国際交流や他言語に触れる機会の場となり、海外に目を向けるきっかけになってほしいという想いで仕事をしています。http://synclobal.com

☆桐村一平   株式会社NOBORDER 代表取締役 <糖尿病患者への訪問トータルケア>

糖尿病をはじめとする生活習慣病は、治療を始めなければならないレベルに来ると既に出遅れで投薬などが始まってしまうと非常に治りにくく様々な合併症をもたらすとても怖い病気であることに気づきました。医療保険制度では症状出てからでないとカバーが出来ず、本質はそのもっと前に予防をすることであるという社会の課題を発見しました。共に活動をしている糖尿病の専門医は、そんな現実を是非解決したいという崇高な理念をお持ちでした。医師は病院の中で患者を待っていてはいけない。病院を飛び出して患者と向き合うべきだ。という考えのもとそのドクターと私はボランティアで糖尿病患者のご自宅へ伺い、生きる勇気を与える本を差し上げ、一緒にランニング、ウオーキングなどの運動をし、共に糖の吸収を穏やかにするサラダを開発するという活動を行いました。すると、患者さんの血糖値は安定しみるみる元気になられました。医師が患者と走っても、メニューを開発しても、生きる勇気を与えても診療報酬上では0円です。ですが、このようなケアこそが本当に生命にとって必要とされるケアだと信じ、これからは事務所のあるグランフロント大阪ナレッジキャピタルからも発信してゆきこの星を生活習慣病のない星にすべく邁進してゆきたいと考えます。
 

2013年11月19日(火)

イベント・フォーラム

応援企業

  • 大阪ガス
  • header_title
  • prlink_new2
  • ロゴ横
Copyright(c) osakawokaeru100ninkaigi. All Rights Reserved.